須賀神社(通称 祇園宮)

須賀神社の祭神は須佐之男命で、その創建は古く、古文書は残っていないが、香椎神宮創建(724年)以前から唐原地区の氏神として祭られていた。地元では祇園宮の名で親しまれている。

須賀神社の祭礼は、毎年、

  1. 4月15日のお籠りに始まり
  2. 7月13日前の日曜日の唐原独自の山笠祭りと翌日に祇園座(総会)を行い、7月15日のお籠り
  3. 9月15日の無事息災の感謝祭としてお籠りし、奉納子供相撲
  4. 11月30日夜に出雲からお帰りになる祭神を境内にかがり火をたいてお迎えする神待祭、翌1日には上町・下町の宮座当番の家で直会が執り行われ、1年を終わる。

須賀神社の境内には、鳥居(安政5年・1858年9月)、石灯(文久2年・1862年)、御籤板(嘉永7年・1854年)、五穀神、庚申尊天、地蔵菩薩、大日如来、観自在菩薩、薬師如来を祭るお堂があり、古から敬われており、須賀神社は粕屋北第75番札所である。

須賀神社写真c 須賀神社写真d  須賀神社写真a 須賀神社写真b

所在地:福岡市東区唐原1-8-14